太陽光発電のメリットとデメリット

 
東日本大震災による福島の原発事故以来、自然エネルギーが再びクローズアップされています。中でも太陽光発電は最も注目されているエネルギーで、地方の行政や、企業そして個人レベルでも太陽光発電システムを活発に導入しているようです。

なぜ、太陽光発電がこんなにも注目されるのか、そのメリットをあげてみると。

先ず、言えることは、二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギーであることと、安全性が高いということではないでしょうか。原発からの電力供給が減った影響で、火力発電が再び供給量を増やして言いますが、その燃料は石油や石炭などの化石燃料であり、それは多くの二酸化炭素を発生するという問題があります。地球環境を考慮すれば、このまま続けさせるわけにはいきません。供給源の不足を太陽光発電が少しでも肩代わりできれば、地球環境もよくなるというものです。

次のメリットはシステムの設置が割と簡単であるということです。家庭であれば屋根の上に架台を設置するだけで、太陽光パネルの設置ができます。企業などであれば空き地や倉庫や社屋の屋根に、行政機関であれば遊休地や田んぼなどでも設置が可能です。何にもしないでほったらかしにするよりは有意義です。

それから、太陽光発電システム設置費用の一部を国や地方自治体が補助金として支給してくれるという点も大きなメリットといえます。そして、設置後は自宅の分を使って余分があれば、電力会社が買い取ってくれるというのも、これまた嬉しい話です。これだと初期の設備投資分も、いずれは回収できるというもので、設置しなければ損した気分になるようです。

※国や地方自治体の補助金については、太陽光発電と補助金を参照ください。

得になる部分が多い反面デメリットがあるのも当然です


メリットだらけに見える太陽光発電ですが、夜間の発電はできず、また、天気の悪い日は発電効率が低下するという問題があります。その結果、トータルで見ると、他の発電システムと比べ発電コストが割高になるといわれています。従って計算した通り行かないケースがあり、初期投資額の回収に多大な時間が掛ることも予想されるということです。天気のいい日に発電した分を蓄電することが出来たら、もう少し効率的なのですが、それにはまた、新たなシステムを付加しなくてはならず、多額の費用が必要になります。